暖房費も節約できるよ【ゆきだるまのお家の暖房と熱交換換気システム】

高断熱・暖房
スポンサーリンク

こんにちは。

ローコストで暖かい家を建てられる。

このセールストークに惹かれて、「ゆきだるまのお家」にお願いしました。

暖かい家にするためには、熱を逃がさない・冷たい外気の影響を受けないことが大事です。

つまり、断熱性能が高いことがポイント。

「ゆきだるまのお家」の断熱性能は、断熱工法(W断熱)と窓(Low-Eガラス+樹脂サッシ)が柱でした。

で、実際にQ値 0.96w/㎡Kとなったのです。

そういうわけで、建物がしっかりしていることは、納得しました。

では、暖房の熱源はどうなるのか。

入居後の生活もローコストに抑えていきたいです。

そしたら、さすが「ゆきだるまのお家」です。

ちゃんと仕掛けがありました。

熱源と空気の流れ(換気システム)がポイントだったのです。

熱源は、暖房器具。そして、太陽の光。

暖房器具について

「ゆきだるまのお家」シリーズでは、灯油・ガス・オール電化のいずれの暖房も選べました。

特殊なお願いをしない限り、追加料金はなかったです。

ちなみに我が家では、暖房は灯油ストーブを選択しています。

なので、灯油による暖房を紹介しますね。

セミセントラル方式の灯油FFストーブ

「ゆきだるまのお家」で採用されているのは、セミセントラル方式の灯油FFストーブでした。

セントラル方式の暖房とは、ひとつの熱源(ストーブなど)から、各部屋に温水パイプなどを通して熱を送る暖房ですね。

家中のあちこちに白いパネルがあって、それが全部温かくなる、アレです。

熱源になるストーブのスイッチを入れたら、基本的には、切らない限りずっと熱を送り続けます。

もちろん各部屋の温度は、ヒーターのパネルで調整できます。

ただし熱さを低く設定しても、熱源からの熱供給は止まらないので、コストはかかり続けるわけですね。

以前住んでいた実家がコレでした。

でも、「ゆきだるまのお家」の暖房は、「セミ」セントラル、です。

1階の居間に鎮座するFFストーブ。これが暖房の要です。20℃前後の自動運転で、真冬もまあまあ越せました。
パネルヒーター。2階にある2部屋それぞれにあります。高さは25~30cm。

つまり、こうです。

「自動運転」の設定をしておけば、室温が設定まで上がったら、熱源のストーブの運転は完全に止まります。

で、また寒くなれば、またストーブは自動点火して、熱を送り始めます。

そしてこれが肝なのですが、「ゆきだるまのお家」は、暖かくなってしまえば、なかなか冷めません。

高断熱の効果が、ここに出るのですね。

結果として、暖房費用の節約につながるというわけです。

ガスや電気の場合も、燃料が異なるだけで、暖房の方法は同じだそうですよ。

そうそう、これは余談です。

なぜ、暖房の熱源を灯油にしたのか、です。

契約した2018年当時は、電力自由化がまだ普及段階で、電気は高くつくイメージでした。

その年によって上下はあるものの、灯油代の方が安いと考えたのです。

ところが、引っ越し後の2019年は灯油がどーんと値上がりした年でしたし、電気は会社を乗り換えたので(ほくでん→楽天でんき)、ずいぶんと安くなりました。

なので、灯油ストーブの設定を低くして、ときどきエアコンも併用しています。

未来を予測するのは、なかなか難しいものです。

窓から差し込む太陽の光も

「ゆきだるまのお家」では、なんとストーブによる暖房だけでなく、太陽の光も、熱源として利用しています。

お天道様、暖かいですもんね。

そして特に、冬の太陽は貴重です。

  • 南~西側に大きな窓を設置して、太陽の光から熱量を部屋に取り入れるようにする。
  • その一方で、北側の窓は小さくして、暖かさが逃げないように工夫する。

我が家では、1階には掃き出し窓など大きな窓はつけなかったものの(好みの問題で)、日が差し込む側にはいくつも窓があります。

最初の冬は、そこから差し込む日差しはポカポカで、気持ちがよかったですね。

2階の2部屋は、いずれも南西側に大きな窓がついています。

日中はカーテンを開けておけば、パネルヒーターの温度設定は低くても、ふんわりと暖かでした。

換気システム

ストーブを使ったセミセントラル暖房や、太陽の熱も利用して、コストをかけないで家を暖めることはわかりました。

問題は、換気です。

暖めた空気は逃がしたくないから、高気密がいいです。

でも、換気しなければ、空気が汚れますよね。

化学物質の滞留も心配だし、においもこもります。

空気がよどむと、結露が発生しやすくなったり、頭痛を誘発することもあると聞きます。

何とかして、暖かさはそのまま残して、空気だけ入れ替えたいと思うわけです。

第1種・第2種・第3種換気システム

換気システムは、大きく分けて3つあります。

これは、2007年の建築基準法改正定められたもので、戸建て住宅には、いずれかを採用することになっているのです。

付け加えると、

  • ・機械式の換気設備(24時間換気システムなど)で、確実に換気できること
  • ・1時間で室内の半分以上の空気を入れ替えること

こんな要件も定められています。

ホルムアルデヒドの滞留問題や、シックハウス症候群、カビも原因になる肺炎・・・

家の環境にまつわる健康被害や病気、いろいろありますもんね。

では、換気システムについて、簡単にご紹介しますね。

画像はお借りしました。
第1種換気

機械で完全制御された換気システム・ファンで、吸気と排気をセットで行う方法。

吸気口からダクトを各部屋につないで、そこから吸い上げた空気を排気口に流します。

吸気・排気ともに自動で行うので、確実で安定した換気管理(空気の入れ替え)ができるのがメリットです。

でも、機械制御のための電気代や、ダクトなど部品のメンテナンス代など、費用がかかります。

第2種換気

吸気はファンで機械制御し、排気口から自然に排気する方法。

病院のクリーンルームや手術室でも、よく採用されているのがこれです。

吸気管理を機械で行う過程で、空気圧の管理ができるのが特長ですね。

高気圧を保てるので、清浄されていない外気を入れないでおくことができます。

ただ、外気と共に取り込んだ湿気については、自然排気のためにうまく室外にだせず、室内に溜まってしまいやすい。

そのため、住宅というよりは、病院や食品加工場など、用途を限定した場所向けだそうです。

第3種換気

吸気を機械管理で行う第2種管理とは逆で、排気のみ機械的に行う方法。

建物の数か所に取り付けた換気扇から排気されます。

吸気は、各部屋に取り付けた吸気口からの自然吸気。

大がかりな機械やシステムは必要なく、24時間換気を行うためには、最も安価でシンプルな方法です。

ちなみに、ゆきだるまのお家は、第1種換気システムを採用しています。

換気したら、冷たい空気は入らない?

「ゆきだるまのお家」では、吸気・排気ともに機械制御の第1種換気システムです。

ただし、単に吸排気を機械制御するだけだと、冷たい外気がそのまま入ってきてしまいます。

真冬ともなれば、マイナス気温の世界ですから、大変です。

北海道の中では、札幌は温暖・少雪地域に近い場所にありますが、それでもマイナス10度はザラです。

せっかく部屋の中を暖めても、断熱性能を高めても、冷たい空気を直接入れては意味がありません。

そこで、「ゆきだるまのお家」では、熱交換換気システムを採用しているのです。

熱交換換気システム

空気は入れ替えるけど、暖かい空気(夏は冷やした空気)は、室内に留め置くという、換気システムです。

画像はお借りしました(藤城建設)

特殊なフィルター・カセットを天井裏に設置して、ダクトから流れる空気がそこを経緯するときに、熱を回収するそうです。

冷たい外気は、室温に近い気温にしてから、室内へ。

これにより、暖房効率が良くなるというわけです。

画像はお借りしました(藤城建設)

ただ、デメリットもあります。

熱交換換気システムを稼働するための電気代は、月に数百円。

この費用は良いとしても、それ以外にもあるのです。

フィルター交換は、2~3年が目安。

ダクトの交換など機械そのもののメンテナンスも、いずれは必要になるでしょう。

暖房も、換気も、生活をローコストにする工夫が

建物自体がローコストで完成するし、断熱性能も高い。

加えて、実際に生活していくなかでも、暖房費が抑えられるのは魅力です。

しかも、我慢するのではなく、暖かくして過ごしても、暖房費は安い。

それを実現する仕掛けとして、考えられていたのはこれでした。

  • 暖房システム(セミセントラル方式FFストーブ)
  • 無料の太陽光の熱利用
  • 熱交換換気システム

実際に暮らし始めて、冬を越した感想としては、

今のところ、満足です。

以前の家の換気扇(台所)。稼働していなくても、すき間から常に換気されます。

もちろん、建物の築年数や広さ、住む地域も違うので、単純な比較はできません。

でも、金額そのものだけを見ると、灯油代は半額以下(1~2月頃)になりました。

建物が違えば、こんなに差が出るのかと驚いたのが、正直なところです。

コメントや体験談などお願いします