【ローコスト住宅の間取り】2階水回りはメリットがたくさん

ゆきだるまのお家

ローコスト住宅「ゆきだるまのお家」で建てた自宅は、総2階建ての延床面積26坪。

戸建住宅としては、こじんまりとしたサイズですね。

 

こんなミニハウスですが、1階に広い居間がほしい!とお願いしました。

その結果、完成した我が家の浴室と洗面台・洗濯機は、2階に集結することになったのです。

 

今回は、2階水回りの間取りについて、2年住んでみた感想、メリット・デメリットをまとめました。

 

スポンサーリンク

なぜ、2階水回りに?

 

2階水回りの間取りを選択したのは、はっきり言って苦肉の策です。

 

自宅を建てるとき、工務店探しで優先したのは、まず断熱性能、そして次に設計・間取りの自由度でした。

なぜなら、土地が狭かったからです。

よく見かける30坪前後の2階建てプランは、とても収まりそうもない広さだったのです。

 

そんな状況でしたが、どうしても譲りたくない条件がありました。

  • 居間は1階で、一部をドッグスペースにする
  • ドッグスペースを除き、居間は15畳以上はほしい

 

本当は平屋に住みたかったのですが、土地の狭さで断念しています。

そこで、せめて生活の中心になる居間だけは、絶対に広くしたいと思っていたのでした。

 

これに対して、「ゆきだるまのお家(藤城建設)」から提案されたのが、これだったのです。

2階水回りの間取り(浴室・洗面台・脱衣所・洗濯機)

 

2階水回りって、いろいろ不安

 

トイレは別ですが、2階に水回りを集めた家に住んだことがありませんでした。

自分では思ってもみなかった提案に、正直なところ、不安はいろいろありました。

 

重量オーバーでは?

 

まずはこれです。

水関係と言えば、重いものばかりです(浴槽、洗濯機、洗面台・・・)。

それに、水そのものも重たい。

浴槽にお湯を張れば、数百キロ単位の重さですもの。

 

それを2階に設置することの、心理的な抵抗がありました。

 

重量問題については、藤城建設の設計士さんが丁寧に説明してくれて、一応は納得です。

 

家全体に被害が及ぶような地震でもない限り、構造計算では、2階に水回りがあっても問題なし。

ベッドや本、箪笥などでも、同じくらいの重量がかかる可能性があり、もちろんそれに耐えられる設計なのだから、と。

 

水漏れのリスクは?

 

1階の浴室・洗濯機置き場ならば、万が一水道管から水漏れしても、その下は地面です。

でも2階水回りならば、1階に流れ込んでくるかもしれません。

めまいがします。

 

そこで、サヤ管ヘッダーの水道管も検討しました。

 

サヤ管ヘッダー

※画像はお借りしました

 

サヤ管とは、水道管を樹脂製の素材で保護し、それをさらに管に通した状態です。

ヘッダーとは、給水の分岐管で、そこからタコ足のように各所へ水を送ることになります。

 

水道管が保護されること、漏水が起きても範囲が限定されること(破損個所とヘッダー間のみ)、水道管の更新施工が容易なことなど、様々な利点があります。

 

ただし、費用が高いのが難点です。

ゆきだるまのお家では、10万円以上の追加費用と説明を受け、結局は選択しませんでした。

小型の住宅ですし、そこまでの設備投資は、オーバースペックかなと思ったのです。

 

担当設計士さんによると、

  • 1階で水漏れしても、すぐに気づかず、被害が大きくなる場合がある。
  • 2階なら、少しの漏水でも気がつくので、むしろ被害は最小限になるのでは?

 

こんな話も、後押しになりました。

 

実際に暮らしてみた感想

メリット

※1階の間取り。水回りがないので、居間が最大限に広くできた。

ゆきだるまのお家間取り1階

居間を広く作れたこと

 

一番は、やっぱりこれです。

小型犬が3匹いて、居間で自由に過ごさせています。

部屋中を駆け回ったり、それぞれ好きな場所で居眠りしている様子をみると、こちらも穏やかな楽しい気持ちになります。

 

現在の居間は、キッチンを含めて全体で約20畳。

その内、ドッグスペースが3畳、システムキッチンの面積が2畳ほどですから、実質的には約15畳の広さです。

 

「おひとりさま」暮らしの気楽さで、ダイニングセットやソファーは置いてませんから、広々しています。

真ん中で大の字になると、犬たちが寄ってくるのが、毎日の楽しみなのです。

 

浴室や洗面台、洗濯機置き場など水回りを1階にしたら、10畳そこそこになるところでした。

 

プライベートな空間を守れる

 

浴室もそうですが、特に脱衣所と洗濯機置き場のことです。

洗濯を待つ汚れもの、洗剤やシャンプーなどのストック、干しているバスタオル。

 

人目には、あんまりさらしたくないです。

お客さんが来る1階とは、完全に別のフロアですから、「うっかり見ちゃった~」もあり得ません。

安心感が違いますね。

 

また一方で、お客さんが「気兼ねなくシャワーを使える」という一面もありました。

これは泊まりに来た友人の弁です。

人の気配から離れた場所なので、のびのびできた♪と話していましたっけ。

 

家事動線が便利

※2階の間取り。洗濯機置き場の横やフリースペースで、洗った衣類を干すことができます。

ゆきだるまのお家2階間取り

 

脱衣所に洗濯機を置いているのですが、引き戸を開けるとフリースペースにつながっています。

脱衣所にも物干しバ―がありますし(天井から吊るした)、フリースペースにも折り畳みの洗濯物干しを置くことができます。

 

洗濯機から出したら、すぐ干せる。

これは最高ですね。

 

1階に水回りを押し込んでいたら、洗濯物スペースは、とても確保できません。

となると、洗濯物を抱えて2階まで上がるわけですが、めまいがするほど億劫です。

 

洗濯機置き場とフリースペースが連結できたのは、大きなメリットでした。

 

デメリット

 

洗濯機の終了ブザーが聞こえない

 

私はカビが苦手です。

洗濯機の中もカビの危険地帯ですから、終了したら即、洗濯物を取り出したいです。

でも、2階水回りでは、洗濯機の終了ブザーが聞こえにくいのです。

 

台所で換気扇を回していたり、掃除機をかけていたら、全然気がつきませんね。

引っ越した当初は、こまめに様子を見に行ったり、時計を気にしていました。

 

ただまあ、慣れとは恐ろしいものです。

洗濯が終わっても、20~30分以内に気がつけばOKと自分で決めたので、最近は穏やかな気持ちで過ごしています。

 

夏は暑い

 

クーラーは、犬が過ごす1階居間にしかつけていません。

真夏には、2階はかなり暑くなります。

シャワーを浴びて、出てきた脱衣所もまた同じです。

 

ただ、今年の春先に温度計を購入したのですが、真夏の昼間でも30℃そこそこでした。

いつもシャワーを浴びる夜には、暑くても27度くらい。

 

今のところは、私にとっては、許容範囲です。

 

掃除は、つい後回し

 

洗濯は好きなので、2階に行くのが苦ではありません。

でも、掃除は面倒です。

掃除機を持って歩くのが億劫なんですよね。

 

というわけで、2階水回りの掃除はついつい後回しですが、これは「2階だから」というよりも、私の性格が影響しているかもしれません。

 

掃除や洗濯、入浴がそんなに好きでないなら、2階水回りにすることで、ますます億劫になる可能性が高いと思います。

思い当たるフシがご自身や家族にある場合、ちょっと注意が必要でしょうね。

 

2階水回りは、なかなか快適だった

 

設計段階では、2階に水回りを集めることは、全く乗り気ではありませんでした。

1階の居間を確保するために、「ものすごく大きな妥協をした」とさえ、実は思っていました。

ところが実際には、なかなか快適だったのです。

 

2階水回りを提案してくれた設計士さんに感謝していますし、プロの意見は大事なんだなあと実感しています。

 

コメントや体験談などお願いします