独身1人暮らしなら賃貸?新築ローコスト住宅?

ローコスト住宅とおひとりさま おひとりさまと家

家を建てたり、持ち家を持つというのは、かなり大きな決断です。

私の場合は、清水寺の舞台から飛び降りる

というよりも、転がり落ちたような感じですが、まあ後悔はしていません。

 

貯金は、10分の1以下になりましたが、仕方ないなって気持ちです。

 

でも家族持ちや子持ちの知り合いからは、申し合わせたようにこう言われました。

離婚して、おひとりさまになるのに、なんで?

いろいろリスク高くない?

 

家を建てたって、トータル費用で、賃貸より損じゃない?

 

じゃあ、どうして「決断」できたのかです。

 

と言っても答えはシンプルで、

賃貸アパートの方が、持ち家(戸建て)よりも、デメリットが大きいと感じたから、です。

 

自宅は投資目的の不動産ではないので、損得よりも、「やりたい暮らしが実現する」選択肢を選んだらこうなったというわけです。

 

スポンサーリンク

賃貸アパートのデメリット

毎月の家賃が必要

賃貸は、収入が途絶えれば家を失う

節約目的の家計診断では、「まずは固定費を見直しなさい」と書かれた記事をよく見かけます。

固定費と言えば、水道光熱費、税金、そして家賃です。

 

水道光熱費はある程度加減できるし、税金は猶予や免除制度もあります。

でも、家賃はフォローなし。

払えなければ、アパートから退去です。

 

現在の日本で、自宅と住所を失うことは、生活するのに決定的な打撃です。

まず、なかなか仕事にありつけなくなります。

 

持ち家には、月々の家賃が必要ない

 

一方で持ち家は、どうでしょう。

 

住宅ローンを返済中なら、家賃と同様に支払い不能になれば、家を失います。

それは同じです。

 

ただし、住宅ローンについては、病気やケガで働けない場合の保障をつけることができます。

団体信用生命保険の全疾病就業不能保障などですね。

免責期間や諸条件、金利の上乗せはありますが、家賃が払えない→即退去よりは、安心感があります。

 

団体信用生命保険とは

 

簡単にまとめると、住宅ローン専用の生命保険です。

返済中の契約者が亡くなったり、疾病や障害で働けなくなった時に、住宅ローンを代わりに返済してくれるわけです。

 

基本的には「高度な障害を負ったとき」が支払い条件ですが、「三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)」や「八大疾病特約(三大疾病に加えて、高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)」を保障内容に加える商品もあります。

 

住宅ローンを完済していたり、現金で購入した持ち家でも、毎年の固定資産税は必要です。

でも多くの場合は、家賃と比べて微々たる金額です。

 

収入が途絶えても、とりあえず住むところは確保できるのが持ち家なのですね。

仕事を辞めることになっても、家はある

この安心感は大きいです。

 

ただし、持ち家であっても、マンションはちょっと事情が違います。

マンションは、「修繕金の積み立て」が必要な場合が多いです。

設備の整ったしっかりしたマンションなら、なおのことです。

 

戸建ての場合は、どの程度のメンテナンスを施すかは、住む人が自分で采配できます。

でもマンションは集合住宅ですから、ひとりだけ「いや、気にしないから」というわけにいかないのが難しいところです。

 

ペットを飼えない

賃貸アパートの場合は、なかなかペットと暮せません。

 

亀や金魚、小鳥くらいなら別ですが、犬・猫となるとOKな物件は珍しいです。

興味のない方には関係ない話ですが、犬好き・猫好きとなると死活問題です。

 

「ペット」とひとくくりにされますが、もはや家族ですからね。

賃貸アパートは、ペット可能な物件であっても、頭数や大きさの制限があることも多い。

制限がなかったとしても、鳴き声・吠え声に気を使います。

隣人に動物アレルギーがあれば、迷惑をかけること心配です。

 

これはマンションでも同様ですから、集合住宅は、ペットとの暮らしにはなかなか辛いのです。

それでも、固定費として家賃は必要です。

 

騒音問題がツライ

賃貸アパートの何が辛いかって、騒音がしんどいです。

 

壁越しに聞こえる生活音もそうですが、上の階の足音が気になります。

ドスドスと歩く大人の足音、ドタドタバタバタと走り回る子供の足音。

一旦神経に触ると、もうだめです。

まさにイライラ製造システムでした。

 

ということは、こちらも誰かに迷惑をかけているかもしれません。

 

猫ならまだしも、犬と暮そうと思ったら、犬にも我慢を強いることになるでしょう。

私にはいませんが、子どものいる知人も、本当に大変そうです。

 

 

こんなデメリットより、大金を工面してでも、心安らかに暮らしたい。

それが、「おひとりさま」でも家を建てようと決めた理由でした。

 

戸建てか、マンションか、どっちがいい?

でもさ、女ひとりなら、マンションの方が気楽じゃない?

 

土地を買おうと思って相談に行ったとき、不動産屋さんに言われました。

 

確かにマンションは、メリットがたくさんあります。

 

まず交通の便が良いです。

札幌の場合は、地下鉄やJRの駅に近くなくても、たいていバス停が目の前です。

利用者が多く見込めるからでしょうね。

 

それに物件を選べば、セキュリティーも期待できます。

オートロックだったり、管理人さんが常駐していたり。

 

つけ加えると、1階に住まない限り、展望もいいです。

5階、6階以上の部屋ともなれば、蚊も来ません。

 

造りが良ければ、騒音問題も少ないでしょう。

 

ただし、決定的な問題があります。

 

しっかりした良いマンションは、価格が高い

 

札幌やその近郊なら、土地を買って、ローコスト住宅を建てるより、高くつく場合もあります。

その上、月々の修繕費も必要です。

 

修繕費は徴収されますが、災害時に被害を受けて、それをすぐ直せるかというと、そうでもありません。

集合住宅ですから、どの修理にいくら使うのかは、住民の合議で決まるからです。

 

それは、ちょっと不便かな。

 

もっとも私の場合は、

「犬の多頭飼いがOKのマンションは、ほとんどない(あっても超高額物件か、ボロボロの古物件)」

これが分かった時点で、早々にマンションは諦めました。

 

やりたい暮らしができないのに、大金を払えるほど、セレブじゃないのです。

 

戸建て住宅を新築するのは損なのか

戸建てを新築すると「損」

この主張は、ときどき耳にしますし、経済紙でも繰り返し話題になりますよね。

 

いろいろと理由は挙がりますが、よく見かけるのはこれです。

 

  • 新築住宅は、住み始めた瞬間に中古住宅になり、それ以降は資産価値が下がるだけ。
  • 設備は10年周期でリフォームが必要で、費用が掛かる。
  • 住宅ローンを払い続けるうちに、資産価値はゼロに近づく。
  • 売ろうと思っても、中古住宅だから安く買いたたかれる。

 

なるほど!

投資と考えると、あんまりうまみはないですね。

 

そうなんですけど、自宅は投資物件じゃないしって思うのです。

 

暮らしたい生活をする

仕事を失っても、とりあえず家はある

 

この価値を換算してないなぁ、と。

 

家賃と同額の住宅ローンで、人生の自由度が増えるなら、

オンナひとりでも、戸建て新築を手に入れる価値はあると思っています。

 

中古住宅の方が安くて良くない?

これも知人に言われましたが、そうでもないです。

 

中古住宅も状態が良ければ高いし、古い家は全面リフォームです。

30年以上前の戸建てとなると、断熱性能や耐震性もいまいちですし。

中古住宅も、費用の安い選択肢とは限らないです。

 

それで、選択したのは、「ローコスト住宅」で新築するでした。

結果論ですが、私が見つけた「犬3匹と暮せるいいマンション」より、しっかりリフォームした中古住宅より、ローコスト住宅の我が家は安く建ちました。

 

おひとりさまにも、ローコスト住宅を建てる選択肢は、アリでしたね。

 

ローコスト住宅って、どんな家?

ちょっと気になるなら、まとめて資料請求すると、感覚がつかめますよ(無料です)。

 

コメントや体験談などお願いします