ローコスト住宅は恥ずかしい?それでも「おすすめ」な3つの理由

ローコスト住宅,恥ずかしい ローコスト住宅とは

職場の後輩が家を建てるそうで、アドバイスを求められました。

パートナーとの新生活のために、「愛の巣(笑)」をイチから作りたいんだそうで。

 

なので、はりきってお勧めしたのです。

もちろん、ローコスト住宅。

直截に言えば「ゆきだるまのお家」を強力プッシュです。

 

そしたら、言われました。

 

えー、ローコスト住宅って、恥ずかしいんですけど。

 

あらら、まあ。

最近の若者は、いつも正直で素敵です。

 

でもね、わが社のお給料では、高額なローンは組めないのよ?

どうして、ローコスト住宅が恥ずかしいのか聞いてみました。

 

で、その後輩の答えを聞いて思ったのです。

「ローコスト住宅は恥ずかしい」という考えで家を建てると、損しちゃう可能性があるんですね。

 

「ローコスト住宅は恥ずかしい」に対して、それでもお勧めする理由をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローコスト住宅は恥ずかしい?

ローコスト住宅,恥ずかしい

ローコスト住宅って、どういうところが「恥ずかしい」の?

心を落ち着けて、後輩に問い質し 尋ねてみます。

 

すると、後輩の考えはこうです。

  • ローコスト住宅は、安っぽく見えそう
  • ローコスト住宅は、デザインがダサそう
  • ローコスト住宅を建てると、貧乏なのに無理するなって思われそう

 

あの、私たちの給料では、世間的には「貧乏ゾーン」に片足つっこんでますけどね。

 

ちなみに、耐久性の不安はないか聞くと、

ローコストでも真面目な仕事をする会社を探す

と、そこは冷静なご意見でした。

 

 

後輩が「恥ずかしい」と感じているのは、

ローコスト住宅の「見た目が安物イメージ」「デザインが安っぽい」のようです。

 

で、その後輩。

住宅ローンはギリギリいっぱいまで高額にして、大手住宅メーカーで家を建てたいんですって。

 

「恥ずかしい(見栄)」、でもローコスト住宅がお勧めな3つの理由

ローコスト住宅,恥ずかしい

見栄っ張りだなぁと思いましたが、せっかくなのでプレゼンを試みます。

恥ずかしい(見栄)」があっても、ローコスト住宅がお勧めな理由です。

 

ローコスト住宅おすすめ理由① 内装の安っぽさは、後でリフォームできる

 

ローコスト住宅の内装は、確かに高級品ではありません。

住宅性能を高めるために、コストカットの対象になるからです。

断熱や耐震性能の方が優先されますからね。

 

でも、それって大きな問題でしょうか。

 

相談してきた後輩は、20代半ばのイマドキ男子。

ちなみに結婚する(予定)の年上彼女には、2歳の子どもがいます。

 

つまり、入居時から幼児がいるわけです。

 

小さい子供が、どれだけ家を汚すか・・・。

さては、知らないな?

 

高級感のある壁に、容赦なく描かれるクレヨンの落書き。

全方位に貼られまくる「かわいい」シールたち。

 

私自身も、ふすまをビリビリに破いたときの「記念写真」が実家にあります。

 

「小さい子どもに、黙って座ってなさいって言うの?

絶対そんなの、意味ないよ!

親がイライラするだけだよ」

 

これは、横から口を出してきた同僚の言葉ですが、まあその通りなんでしょうね。

 

  • 子どもが大きくなるまでは、汚れても惜しくない内装
  • 大人になったら、そのときの流行に合わせて、内装をリフォームする

 

それが、ローコスト住宅では実現しやすいのです。

だって、元が安いから。

スポンサーリンク

ローコスト住宅おすすめ理由② 住宅ローンはできるだけ安く、期間は短く

後輩は、なおも主張します。

 

住宅ローンは金利が優遇されているし、たくさん借りないと損だって聞きましたよ

 

えぇ、本当かな。

 

確かに住宅会社や銀行で相談すると、

「住宅ローンは節税効果もある」

「普通の借金と違って、金利も優遇されている」

そんな説明をよく耳にします。

 

車のローンやカードローンと比べたら、住宅ローンの金利はすごく安いです。

「住宅ローン減税」で還付金を受け取れば、何だか得した気分になるでしょう。

 

でも、よく考えたら妙な話です。

借り手が得するようなローン、銀行が貸しますかね?

 

ちょっとシミュレーションしてみましょう。

参考サイト:「フラット35」ローンシミュレーション

 

【3000万円を35年ローン(フラット35)で借りた場合】

金利(元利均等)1.5%だと・・・

月々の返済額は、10万9000円

総支払額は、3.858万円

 

利子だけで、858万円!

わお、お金持ち!

 

もちろん「元金均等」とか「変動金利」とか、パターンはいろいろあります。

ただシミュレーションしても、何百万もの差は出ないんですよね。

 

ちなみに、借入金額を減らしたらどうでしょう。

 

【2000万円を35年ローン(フラット35)で借りた場合】

金利(元利均等)1.5%だと・・・

月々の返済額は、6万2000円

総支払額は、2.572万円

 

支払う利子は、300万円弱の差が出ますね。

これ、内装のリフォームに使えば良いのでは?

 

それにしても、

借入額の1/4~1/3近くを利子として上乗せされているなんて、

直視するのが辛くなってきます。

 

これ、金利(元利均等)1.5%の条件は同じで、返済期間を35年から20年に短くすると・・・

3000万円の住宅ローンを20年で返済:総支払額は、3452万円

2000万円の住宅ローンを20年で返済:総支払額は、2317万円

 

表にまとめるとこうです。

【住宅ローンを借りたときの総支払額と利子額の差(目安)】※金利(元利均等)1.5%

35年ローン 20年ローン 利子額の差
3000万円 3858万円(a) 3452万円(c) 406万円(a-c)
2000万円 2572万円(b) 2317万円(d) 255万円(b-d)
利子額の差 286万円(a-b-1000) 135万円(c-d-1000)

 

住宅ローンは、とにかく少なく・短く借りる方が「お得」ですね。

 

私自身は、ローンを組まずに家を建てられるように、最初からローコスト住宅で検討しました。

利子の総支払金額、やっぱり無視できなかったです。

スポンサーリンク

ローコスト住宅おすすめ理由③ 一生住むとは限らない

ローコスト住宅,恥ずかしい

脅かすわけじゃないけれど・・・

同僚が言います。

 

「マイホームを建てても、一生そこに住むとは限らないよ」

 

そうなんですよね。

私たちの職場は病院ですので、たくさんの患者さんとその家庭事情を知る機会があります。

 

病気や事故、離婚、心変わり・・・。

家を建てたばかりなのに(住めなくなった)」と、嘆く患者さんや家族さんは珍しい話ではありません。

 

家を手放しても、住宅ローンは残ることが多いです。

家は完成した途端に、価値が下がりますからね。

購入金額と同じには売れないのです。

 

医師のように1億円プレーヤーなら別ですけどね(注:当院のドクターの年棒です)。

お給料に限界があるなら、とにかく住宅ローンは安く短く、ローコスト住宅がお勧めなのです。

スポンサーリンク

どうしても家を建てたいなら、ローコスト住宅も選択肢に!

 

安月給なんだから、ローコスト住宅で我慢しとけってことですか?

後輩は、目を三角にして文句を言います。

 

そう言ってしまえば身も蓋もありませんが、うん、その通り。

ただわかってほしいのは、こういうことです。

 

  • 経済状況に見合った家に住むことが一番
  • ローコスト住宅が恥ずかしいなら、賃貸やマンションもある
  • 中古住宅もある

それでも「家を新築したい!」と思うなら、ローコスト住宅がおすすめなんです。

経済的に余裕がないなら、特にそう。

 

私の場合は、犬3匹と暮すことが最優先でした。

そうなると賃貸住宅はなく、状態のいい中古住宅はけっこう高い。

結局、ローコスト住宅を新築することが、一番リーズナブルだったのです(実家の隣ですし)。

 

家を新築する=大手のハウスメーカーが一番

それだけが選択肢ではないんですよね。

 

ちなみに最近は、「安っぽくない」「ローコスト住宅に見えない」ローコスト住宅メーカーも増えてます。

無料でメールのみで資料請求できるので、情報収集に使えます。

コメントや体験談などお願いします