洗面所にフローリング(LIXILラシッサ)で後悔する?デメリット&メリットは?

洗面所,フローリング,メリット,デメリット,後悔,使用感,ローコスト住宅,札幌,ゆきだるまのお家,住んでみて 間取りの工夫

ローコスト住宅で家を建てて、丸2年が経ちました。

少しずつ、「こうすれば良かった・・・」の後悔ポイントが出てきています。

 

例えば、洗面所の「」。

床材を比較検討すればよかった・・・と後悔しているんですよね。

 

我が家の洗面所の床は、フローリングです。

無垢材ではなく、お値段の安めの合板フローリング。

ちなみに標準仕様で、LIXILのラシッサ「フロアアース」です。

 

実は、設計の段階では、洗面所の床について、何にも考えていませんでした。

まさにノープランで、設計士さんにお任せです。

 

【チェック!】ローコスト住宅の我が家は「ゆきだるまのお家」(藤城建設)です。

「ゆきだるまのお家」と藤城建設、基本情報や口コミをまとめたよ
札幌市東区にある地域密着型の工務店「藤城建設」をご存知でしょうか。 新築住宅が768万円~♪ この衝撃的なキャッチフレーズでお馴染み「ゆきだるまのお家」や、同じくローコストでの平屋住宅に特化した「平屋製作所」を展開してい...

 

そして設計士さんから特にコメントもなく、さら~っと設計図を見て、決めてしまいました。

 

実家も、自分で借りて住んでいたアパートや古い戸建ても、洗面所の床はクッションフロアです。

それが当然だと思いこんでいて、気がつかなかった・・・。

 

フローリング床の洗面所について、使用感などのデメリットやメリットをまとめておきます。

 

スポンサーリンク

【洗面所の床がフローリング】デメリットは?

【フローリング床の洗面所:デメリット①】使用感が固い

【画像:我が家の洗面所・洗濯機と奥に浴室】

洗面所,フローリング,メリット,デメリット,後悔,使用感,ローコスト住宅,札幌,ゆきだるまのお家,住んでみて

率直な感想として、フローリングの床は、かなり固く感じました。

 

裸足で歩き回るし、クッションフロアの感覚に慣れているから、余計にそう感じるのでしょう。

 

そして我が家の洗面所は、洗濯機置き場でもあります。

除湿器や簡易物干し(床置き)も隅に収納していて、洗濯のときだけ出して使っています。

 

で、その除湿器や簡易物干し、少しでも引きずってしまうと・・・

ギギ――――!!

洗面所,フローリング,メリット,デメリット,後悔,使用感,ローコスト住宅,札幌,ゆきだるまのお家,住んでみて

黒板を引っ搔いたような不快音なんです。

 

以前住んでいた家でも同じものを使っていましたが、クッションフロアでは、そこまで不快音はしません。

 

じゃあ、布を敷いておけばいいじゃない。

 

うん、その通りです。

でもね、その布を洗濯するわけですよね。

 

毎回洗濯する?

洗濯後に服を乾かすために使う除湿器や物干しの下に敷いた布・・・。

 

洗濯するたびに、汚れものが残るのが、なんかイヤです。

 

じゃあ、布を敷いたままにする?

洗面所は脱衣所でもあり、浴室と直結です。

お風呂の後は、どうしても一時的に湿度が急上昇するのですよね。

 

湿度の高いところで、床に布を敷きっぱなしにすると、ホコリが固まったりカビたりするのです(私が経験者です)。

 

うわ、めんどくさい。

自宅なので、出来るだけメンドクサイことはやりたくないのです。

 

じゃあ、現在はどうしているか。

細心の注意を払って、除湿器や物干しを持ち上げて移動!

たまに引きずったときは、不快音に耐えています・・・。

 

スポンサーリンク

 

【フローリング床の洗面所:デメリット②】フローリングは水分に弱い

 

フローリングは、サニタリー加工をしていなければ、水分に弱いです。

 

これは、完全に私の勉強不足です。

トイレについては気にしたのに、洗面所はノーマークでした。

【ローコスト新築】トイレの床はフローリングで後悔する?メリット&デメリットやクッションフロアとの違いまとめ!
ローコスト住宅「ゆきだるまのお家」の打ち合わせ中、ちょっと驚いたのはトイレの床のことです。 私に提示されたプランでは、トイレの床は、廊下と同じフローリングだったのです。 振り返ってみると、今まで住んだどの家でも、トイレと...

 

フローリングは木材ですから、基本的には水に弱いです。

水に濡れて放置してしまうと・・・

  • シミが出来る
  • 反ったり変形する

 

なので、フローリングに水や洗剤が垂れたら、すぐにふき取る必要がありますね。

 

我が家は合板フローリングなので、無垢材ほど水分を吸収しないとされていますが、この先どうなることやら。

 

浴室と地続きの洗面所ですから、入浴の都度、湿度が上がります。

で、その水分は、床に溜まりますよね(物理の法則では)。

 

ちょっと心配だな~と思っています。

 

ちなみにさっき見たら、フローリング床の一部が既にシミになっていました(薄くですけど)。

 

洗面所,フローリング,メリット,デメリット,後悔,使用感,ローコスト住宅,札幌,ゆきだるまのお家,住んでみて

 

我が家は、ドラム式洗濯機です。

洗濯終了後に開けたトビラを伝って、水滴が床に落ちるんですよね。

 

シミになっているのは、その部分です。

 

私ですか?

いつも、その水滴をふき取ることは忘れています。

 

スポンサーリンク

 

【洗面所の床がフローリング】メリットは?

洗面所,フローリング,メリット,デメリット,後悔,使用感,ローコスト住宅,札幌,ゆきだるまのお家,住んでみて

 

フローリング床の洗面所で、メリットだと感じたのはこれです。

 

肌触りがサラサラしている

 

ビニール製のクッションフロアでは、どうしてもペタっとした肌触りになります。

特に夏場や入浴後は、文字通りペタペタと足跡がつきそうなくらい。

 

あれは、気持ちが悪いですよね。

 

フローリングのサラサラ感は、入浴後の足裏に最適です。

確かにこれは、捨てがたい魅力でメリットなんですよね。

 

スポンサーリンク

 

フローリング床の洗面所で後悔ポイントは?

 

フローリング床の洗面所は、実際に住んでみると、サラサラした肌触りで快適でした。

この感覚は、捨てがたいものです。

 

だからこそ、後悔しているポイントはこれです。

 

防水加工された高機能フローリングを採用しなかったこと

 

高機能フローリングの中でも、「サニタリーフローリング」という床材があるんですよね。

 

サニタリーフローリングとは、

  • 防水・撥水処理されている
  • アンモニアに強い塗装が施されている
  • 凹凸を組み合わせて施工しシーリングによる接着が必要ない(水が染みるすき間が少ない)

 

こういう製品です。

(クリックすると商品説明が見れます。もしご興味あれば)

 

 

パナソニックなど大手メーカーを筆頭に、複数のメーカーから発売されているので、肌触りやデザインは選択肢がけっこうあります。

 

お値段は、1坪あたり数万円~といったところ。

 

サラサラの肌触りと耐久性(耐水性)が両立するなら、サニタリーフローリングは検討案件でした。

トイレと違って、洗面所は裸足で過ごしますからね。

 

百万単位なら絶対無理ですが、10万円前後なら、採用を考えたかったです。

 

我が家はもうリフォームするしかありませんが、これから建てるなら、複数の会社から間取り提案を受けた方が得策です。

そうすれば、洗面所の床材を選ぶことも気がついたでしょうし。

 

無料でメールのみで資料請求できるので、事前勉強・情報収集にいいです。

もしご興味あれば↓

 

コメントや体験談などお願いします