ローコスト住宅で後悔?札幌で住宅会社を選ぶコツ

札幌のローコスト住宅 情報収集の方法
スポンサーリンク

 

そうだ! 家を建てよう。

 

そう決めてから、1年半ほどで自宅を建てました。

ちなみに、藤城建設の「ゆきだるまのお家」です。

 

マンションでなく、中古住宅でなく、建売でもない。

場所や間取りに自由が利く、注文住宅で建てたことに満足しています。

それも、超ローコスト住宅ですから、自分の身の丈に合った費用で賄えました。

 

お願いした工務店にも、不満はありません。

 

でも。

 

工務店・ハウスメーカー選びには、若干の後悔があります。

 

検索や調べ方もわからなかったし、見当違いなことをして時間も使いました。

そもそもは、どういう判断軸や基準で選べばいいか、見当もつかなかったのです。

 

たまたま自分に合う工務店に巡り合えましたが、それはまさに「偶然の妙」でした。

 

そこで今回は、私自身が経験して感じたことを元に、「札幌で、ローコスト住宅の工務店・ハウスメーカーを選ぶための判断軸」をご紹介します。

 

私自身は建築関係には素人ですが、だからこそ、こういう視点があることを知っておきたかったと思う内容です。

 

札幌でローコスト住宅を建てる費用

 

そもそも、ローコスト住宅とは、どのくらいの値段なんでしょう。

 

一般的には、坪価格が50万円以下くらいと言われています。

ただし、この坪単価がくせ者でして、はっきりと定義がないのです。

本当に建物そのものだけなのか、電気配線工事を含むのか、キッチンなど設備込みなのか・・・。

 

それに実際には、土地も必要ですよね。

土地を持っているのか、買うならどこの場所なのか。

 

札幌市で言えば、おしゃれセレブの街「円山」「伏見」「宮の森」あたりと、庶民の街「清田」や「厚別」では、何百万もの差がでます。

もしかすると、うん千万円も違いますよね。

 

あるいは、札幌市南区の奥だと、北広島市や江別市よりも安かったりしますし。

 

細かい条件を並べるとキリがありませんが、現状ではこんな感じが目安です。

※札幌やその周辺で、ローコスト住宅を建てる場合(2020年現在)

 

住める状態の建物と最低限のライフライン工事(水道など)

・・・1000万円半ば~2000万円前半

 

土地と土地整備の費用・・・1000万円半ば~

 

【ローコスト住宅】札幌で建てるなら、相場はいくら?
自分の家がほしい、家を建てたいとなったとき、まず気になるのは、費用のことですよね。 既に完成している「建売住宅」とは違って、注文住宅は費用の相場がわかりにくいです。 一般的なハウスメーカーよりも、「ローコスト住宅」なら安...

 

この費用内で、いかに満足度の高い自宅を建てられるか。

そのためには、どういう工務店・ハウスメーカーを探せば良いのでしょう?

 

ローコスト住宅の業者にも、得意分野がある

 

費用を抑えて作られるのが「ローコスト住宅」です。

問題は、何を重視して、何を節約するかです。

 

譲れないものをはっきり決めて、それ以外をどこまで妥協するかが肝要なのです。

 

札幌を含め、北国でローコスト住宅を建てる場合、重視するポイントはこの3つでした。

 

  • 住宅性能
  • 土地
  • デザイン

 

では、順番にみていきましょう。

 

住宅性能について

↑ピンクの壁のところが断熱材

 

断熱性能

 

北海道は広くて、積雪や気温についても、地域によってかなり違います。

札幌やその周辺は、どちらかというと住みやすい地域でしょうね。

それでも厳冬期はマイナス10度台まで下がりますし、積雪もそれなりにあります。

 

ストーブが必要な期間は、約半年でしょうか。

「寒冷地手当」がない企業も、最近は増えてきましたよね。

 

となると、暖房費用はバカにできない出費です。

 

だからと言って、暖房費の節約は危険と隣り合わせです。

たとえば、居間だけ暖めて、浴室やトイレが寒い家に住むと、ヒートショックが怖い

 

寒暖差で血圧が乱高下して、心臓発作や脳卒中のリスクが高まるアレですよ。

ヒートショックの恐ろしさは、突然死だけじゃないです。

本当の怖さは、こっちです。

 

脳卒中→麻痺や言語障害など後遺症→そのまま、ずーっと生きていく

 

ね、ある程度は「断熱性能」に配慮された家が必要なのです。

 

では、どの程度の断熱性能が必要か。

そのひとつの目安は、「札幌版次世代住宅基準」を参考にするといいでしょう。

 

これは、断熱性能を評価し、ランクに分けて、性能の高い新築住宅には補助金を出す制度です。

こちらの下から二番目、ベーシックレベルくらいは必要です。

 

【札幌版次世代住宅基準】

札幌版次世代住宅の等級

外皮平均熱貫流率(UA値)[W/(m2・K)]

一次エネルギー消費量(全体) 一次エネルギー消費量(暖房+換気)

相当隙間面積(C値)[cm2/m2]

補助金

トップランナー

0.18以下

等級5

35%以下

0.5以下

160万円

ハイレベル

0.22以下

等級5

45%以下

0.5以下

110万円

スタンダードレベル

0.28以下

等級5

60%以下

1.0以下

50万円

ベーシックレベル

0.36以下

等級5

75%以下

1.0以下

補助対象外

ミニマムレベル

0.46以下

等級4

90%以下

1.0以下

補助対象外

※「札幌版次世代住宅基準」概要:札幌市発表資料を元にyukidaruma作成

【2020年度】札幌版次世代住宅基準は、ローコスト住宅にも使えるよ
札幌でローコスト住宅を建てようと思うと、対応する工務店やハウスメーカーは、けっこうたくさんあります。 主力の住宅商品でなくても、「条件次第では、建築可能」な業者となると、十数社は優に超えるはずです。 でも、ローコスト住宅...

 

耐震性能

 

もうひとつのポイントは、「耐震性能」です。

 

道東ほどではありませんが、札幌周辺は、けっこう地震があります。

2020年1月~6月に限定しても、震度1以上の地震が7回発生しました。

気象庁のデータベースより

 

記憶に新しい2018年9月の北海道胆振東部地震では、札幌市内でもたくさん被害が出ましたよね。

 

旭川より北の地域なら、そう滅多に地震はありませんが、札幌周辺は対策が必要です。

地震に強いとされる「ツーバイフォー工法」や「パネル工法」ではない「在来軸組工法」の木造住宅なら、耐震性についても確認しましょう。

 

私の場合は、この知識がなく、ノーマークでした。

(お願いした工務店に後で確認したところ、耐震性にも配慮されていました)

 

住宅性能については、気にすれば気にするほど、費用はうなぎ上りです。

重視するなら、住宅性能をウリにしている工務店やローコスト住宅メーカーに依頼しましょう。

 

「ほどほど」にする場合も、必要な性能レベルを決めておきましょう。

情報を集めるためには、客観的な評価数値の目安を把握しておくと便利です。

UA値やC値、耐震等級などですね。

 

土地について

 

札幌市内の土地は、値上がりしています。

 

はっきりと値上がりを始めたのは、外国人観光客が激増した平成27年頃と言われています。

それから下がることがなく、上昇傾向で続いています。

 

直近のデータを見てみましょう。

 

【札幌市の地価動向で、前年度からの上昇率】

住宅地:2.3%上昇(H30年)→4.0%上昇(H31年)

商業地:7.4%上昇(H30年)→8.8%上昇(H31年)

 

住宅地の公示地価に限ると、5年間で11%上昇しているのです。

参考:国土交通省(平成31年地価公示)

 

建て替えや、実家の土地を使うなど、元々土地を持っているなら別ですが、そうでないなら、少しでも安く、住みやすい土地を手に入れるための作戦が必要です。

 

ローコスト住宅を建てる工務店やハウスメーカーでも、自社土地を多く抱える会社がいくつかあります。

しかも、建築条件付き土地であれば、相場よりも価格が安いケースが多いです。

 

土地価格を抑えて、全体的な総費用をローコストで収めるなら、土地売買部門にも力を入れる会社を選ぶのも方法です。

 

デザイン性について

 

家とは、壁と屋根と床が揃えば、何でもいいわけではありません。

誰にとっても、その人にとって「落ち着く」「気分が上がる」インテリアや内装・外装は、それぞれ違います。

 

ナチュラルテイストのカフェみたいな家

趣味のあれこれをディスプレーできる空間

漢な雰囲気の武骨なアイアンやダークウッドな建具を使いたい

 

せっかく家を建てるのだから、思い入れのあるデザイン性を重視する。

 

これも、工務店やハウスメーカー選びの基準のひとつです。

 

ローコスト住宅といえば、コスト削減のために、完全な自由設計で対応する工務店は少ないです。

通常は、いくつかの設計プランから選ぶことになりますが、シンプルな箱型の建物で、飾り気のないデザインの内装が多いのが実情です。

 

それでも、デザイン性が高く、セレクトショップやカフェとコラボしたシリーズを展開する工務店も、札幌と周辺にはいくつか存在しています。

デザイン性を重視するならば、ひとつの会社でも、モデルルームは数か所に行ってみるのがお勧めです。

 

性能・土地・デザインの3つのバランス

ローコスト住宅の選び方

作成:yukidaruma

 

ローコスト住宅の場合は、限りある予算の配分がカギになります。

札幌やその近郊で考えているなら、性能・土地・デザイン性の3つについて、バランスを考えてみましょう。

 

雪国・地震のある地域ですから、最低限の住宅性能は必要です。

それに達しないレベルの住宅なら、その工務店・ハウスメーカーは選択外です。

 

本州資本の大手ローコストメーカーだと、住宅性能の点で、なかなか折り合いがつかないことが多かったです。

たとえば、断熱性能を「札幌版次世代住宅基準」のベーシックレベルまで求めると、オプション扱いと、説明されたこともありました。

 

お勧めの方法は、こうです。

 

住宅性能は、「札幌版次世代住宅基準」ベーシックレベル以上

その上で、

「断熱性能・耐震性能を上積みする」

「工務店・ハウスメーカーから安く土地を手に入れる」

「デザイン性を重視する」

このいずれかに強い工務店・ハウスメーカーを探す

 

そうすると、効率よく選択肢を絞っていけます。

参考になるとうれしいです。

コメントや体験談などお願いします